Instagramの可能性

昨日の夜、静岡の旅館の料理長をしている人からメッセージが来た。

「……   秋刀魚の頭は左にしたほうがいいですよ^^ …… 

昨日の我が家の晩御飯は秋刀魚。焼いた秋刀魚をお皿に乗せたとき、秋刀魚の頭を右側にしていたのだ。その写真を見て、この料理長が教えてくださった。これは知らなかった。ありがとうございます。「なんか食べずらいかなあ」と思って食べていたけど、逆だったんですね。

きっと料理長にしたら、当たり前中の当たり前だったと思うんだけど、私もKくん(旦那さん)も知らなかった。だから知ることができて嬉しかったし、インスタグラムってすごいなあと感心せずにはいられなかった。

Kくんが晩ご飯を作ったら、それをアップすることをつい最近から始めている。

彼は料理「超」初心者。結婚するまで、お湯すら沸かしたことがなかった人だ。

しかし最近、ちょっとずつ作ってくれるようになった。毎日、「今日は〇〇ができるようになったね!」と話している中で、ふと、私が記録を残したくなった。

「そうだ、インスタやろうよ!!」

インスタグラムは、ウォールを見ると自分が何を作れるようになったかが一目でわかるから、成果が目に見えて楽しいだろうなと思った。そんなこんなでこの8月から彼の料理インスタグラムが始まった。

作るものは全くの初心者が作るので、簡単なものばかり。味噌汁、野菜炒め、目玉焼き。

インスタ映えなんてしない。写真撮る時も、そのまま撮ってしまう。

まさに日常を、その日できた料理を記録しておきたくて、写真を撮ってアップしている。自分たちのために始めたインスタグラム。

そうして続けているうちに、フォロワーになってくださると言う、なんとも優しい人たちが今日で22人。皆さん、料理が上手な人ばかり。投稿を見ると美味しそうで美しいお料理ばかり。

メッセージをもらったり、コメントをもらったり。なんだかすごく楽しい。

そこで昨日の料理長からのメッセージ。(秋刀魚の頭は左ですよ、というね)

何も考えずに始めたけど、こんな展開を迎えるとは思ってもみなかった。嬉しい。

これからどんな展開をしていくんだろう。きっとこれからも毎日似たようなおかずだと思うけど、すごく楽しいなと思った8月16日の夜でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です